英語の準備②

  続きます。

スピーキング

 よくIELTSは対面だから、画面に向かって一人喋るより良いという人もいますが、私個人的にはその利点を全く感じていません。対面の方が緊張することもあるし、面接官が目の前にいたところで会話感はないので(相槌は打ってくれる人もいますが)、基本的に一方的に話している感に違いはないです。

 身近なことを聞かれたり、何かについて賛成反対を聞かれたりするのはIELTS・TOEFLも同じですが、私はTOEFLのIntegrated Taskにずいぶん救われた気がします。というのも、私にはライティング以上に、そんなこと日本語で聞かれても困る系質問がスピーキングセクションには多いからです。例えば、休みの日何してるの? とか。音楽教育ってどう思う? とか。

 私には、街に住むメリットとデメリットを述べよとか、反抗期って必要かそうでないか、とか言われた方がやりやすいんです(それは私がディベート教育を受けていて、何かお題に対して自分の立場を明確にして意見を述べるということに慣れているからだと思います)。IELTSはTask1は身の回りのこと、Task2は自分の想いや経験を述べるような構成で返答する質問が多いです。Task3はより抽象的な話になりますが。TOEFLのIntegrated Taskは、サマリをするので自分の考えは必要ないのです。そしてTOEFLのIntegrated TaskとIndependentの割合はIntegratedの方が多いので、サマリが楽か自分のことに関する経験をまとめて述べる方が得意かということの方が、このセクションは分かれる気がします。ただしIntegrated Taskは読んだり聞いたりする部分があるので、読み聞きの力が弱いとそこに足を引っ張られます。。

 ちなみにスピーキングはBULATSという試験を大学院留学を決意する前に受けたことがあるのですが、下記の換算表通りだったので、BULATSのスコアを持っている人は参考になると思います。

www.eiken.or.jp

上記リンクはBULATSを持っていなくても、各レベルのスピーカーってどんな感じ? というのがよくわかるので、自分でなんとなくのレンジは把握できて便利です。

リスニング

IELTSよりも私はTOEFLの方が好きでした。

大雑把なので細かい内容聞かれるよりも、ざっくり聞かれた方が良いという私の嗜好もあるし、1音1音を聞き取る能力がないので複数形の罠とか、番号やスペリングの聞き取りがとても苦手です。空欄埋める式だからわかりやすいという声もありますが、私は空欄があるせいでこの文書は何を意味するようにしたらいいのかがわからずどの単語を書いたらいいのかわからないときもあったし、しかもスペリングでたいてい1,2問落としている気がするしIELTSのリスニングつらいです……。

でも、問題集解いてみても、私はリスニングミニマム6.5取ればいいのですが、だいたい7、低くても6.5は獲れることがわかったので、気にしないことにしました。

 

結局どうしたらいいか

私のおすすめは、まずIELTSの問題集を買って、解いてみて、自分のスコアと自分が取らなくてはいけないスコアを可視化するところからはじめることです。

Cambridge IELTS 11 Academic Student's Book with Answers with Audio: Authentic Examination Papers (IELTS Practice Tests)

Cambridge IELTS 11 Academic Student's Book with Answers with Audio: Authentic Examination Papers (IELTS Practice Tests)

 

リーディングとリスニングのスコアは、この問題集を解いて、何点とったらバンドスコアいくつなのかはここを見ればわかります。

www.ielts.org

そして解いてみた結果、リーディングやリスニング両方が目標スコアに達していたら、IETLSを受験するでいいと思います。

一方でどちらか一方にでも目標と獲りたいスコアに1.5以上の差があって、下記に該当する場合は、TOEFLも検討していいかもしれません。

  • リーディングで時間足りなくて目標スコアと取得スコアに差があるとき
  • リスニングが内容はざっくりつかんでるのにその空欄に入るものだけが拾いきれないとか、スペリングミス、数字&単語聞き取り系の問題を落としてスコアに差があるとき

ぶっちゃけ、対策方法に違いがあるので、TOEFLかIELTSかはすごく悩ましい問題ですが、時間をかけて悩むのはもったいないです。

多くの人はIELTSの方が簡単だといっていて、日本人の大半はインプット系が得意、アウトプット系が苦手なので、そこに該当する人は素直にIELTSではずれないと思います。また、ライティング得意でリーディング苦手だと自認していた私でも、IELTSではそういう結果にはならなかったので、IELTSをいったん解いてみて決めることは大事だと思います。

英語の準備①

 具体的な準備として、私が一番最初にしたことは、リサーチした内容を眺めて、IELTS/TOEFLで何点とればリサーチした学校すべてにアプライできるのかを確認することでした。

 そこでまず考えなくてはいけないのは、IELTS/TOEFLどっちにする問題です。私は大学の交換留学をするときにTOEFL iBTも受けていて、大学院留学はIELTSを受験したので、どちらも受験した立場から2つの試験を比較してみたいと思います。

まずは換算しよう

 実は私も物凄く悩んで、IELTSの勉強を始めた後も一度TOEFLに変えるべきか考えたことがあります。でも最終的な決め手は、TOEFLとIELTSのスコアを換算すると、取らなくてはいけない最大のスコアに関してはIELTSの方が難易度が低いことでした。

TOEFL: For Academic Institutions: Compare Scores

 こちらでIELTSとTOEFLスコアを換算できます。リサーチの過程でTOEFL・IELTSどちらにするか決めていない人は両方のスコアをメモっているはずなので、何点取ればどの大学院にもアプライできるのか、というTOEFL・IELTSスコアを換算すれば、どちらが簡単なのか図ることができます。

何が得意ですか

 私の学部時代のTOEFLでのスコアは、

 ライティング≧リスニング>スピーキング>>>>リーディング

 でした。各スコア最大30点で、私のライティングは一番良くて25、悪くても23で、自分がリサーチをした限りでは、その時のスコアでさえ、私が行きたい大学院のセクション別ミニマムに引っかかることはありません。学部時代英語関連の専攻をしていたのですが、必須科目にAcademic Writingがあり、飛び級的な措置を受けたほど、私はライティングを得意にしていました。一方でリーディングはいちばんひどくて2点(!!!!)、だいたい10点程度と非常に低く、物凄く苦手にしていました。

 

 では、大学を卒業して6年経過した私が、IELTSを受けたらどうなったかというと、こうなりました。

リーディング>>>リスニング>スピーキング>>ライティング

 リーディングはだいたい8.0で7.5を下回ったことは今のところありません。

 なぜこうなるのかというところを次から見ていきたいと思います。

リーディング

IELTSの方が語数は多いので、読むのが遅い人はIELTSの方が難しいと感じるかもしれません。

一方で速度に問題がなければ、多くの人がTOEFLの専門的で学術的な文書よりも、IELTSのより一般的な文書の方が読みやすいと思うでしょう。

知識がある内容であれば単語を知らなくても推測できるから読みやすいし、知識がないものであれば読みにくいものです。私は特に語彙はあまりない方だと思うので、IELTSとTOEFLでこれだけの差がついたと思います。

ライティング

IELTSのライティングはお作法ががっちり決まっており、それに則って書かないと6.0以上を獲ることができないようになっています。文法や語彙がどんなに問題なかったとしても、です。

なのでIELTSのライティングは、お作法を守って書くという練習を何度も繰り返すことによってしか、得点アップを望むことはできません。

更に、TOEFL時代に時間が足りないと思ったことは一度もありませんが、IELTSでは時間が足りない場合の方が多いです。幸いにも今まで本番の試験で時間切れになったことはありませんが、家で練習しているときは全く終わっていません。これはタイプか手書きかという違いが大きく、タイプの方が早いというのもありますが、簡単に消したり追加したりできないことが大きいと感じています。

ただ言い換えれば一定以上の基礎がある人は、お作法さえマスターすればぐっと目標スコアに近づけるはずなので(セクション別スコアどんなに高くても7、難関校で多いのは6.5、その他大多数の大学院で6.0以下という感じなので)、勉強のしやすさという意味ではIELTSの方が良いかもしれません。

 

長くなったので次に続きます。

最初にしたこと:リサーチ(番外編)

今日は番外編ということで、リサーチをする際に参考になったサイトやフェアをご紹介したいと思います。

QS World MBA Tour Tokyo

まだMBAを考えていた時にブックマークしていたフェアです。行っていないので内容は残念ながらご紹介できませんが、それなりの頻度で実施していて、学校の人と直接話せるので、一通り自力でリサーチを終えた後に、優先順位を決める参考に行くのがいいと思います。

Home | TopMBA

Beo 留学フェア

www.beo.co.jp

ご存知Beoの大学院留学フェア。

Beoは出願代行サービスやカウンセリングを行ってくれるので、大学院留学を考えるならカウンセリングはお願いしても損はないと思います。フェアにはまだ行っていませんが、カウンセリングはして頂きましたし、こちらのサービスを利用しています。

タイムラインを引いてくれるので、いつまでに何をしなくてはいけないかが明確になるのと、出願代行はとてもありがたいです。それから、Beoのパーソナルぺージを見ると、何をしなきゃいけないかも明確に書いてあるし、色々な提出物の合格したサンプルがあるのでとても参考になります。

ただ、有料のサービスに切り替えないと、結局リサーチの大部分や大学への問い合わせ(特にMBA等で、私の経験でも応募できる?的なやつ)は自力で行わなくてはいけないので、タイムライン引いてもらう以外には、自分で調べたけどわからないことを聞いたり(ただし自分で問い合わせてねという結論になる可能性もいっぱいある)、大学院の人とコネクションが強いので実態どうなの? という話を聞けたり、あとは(私には一番大きいことは)私が出願しようとしている大学院って挑戦校/実力相応/抑え的な割合でいうとどうなの? みたいな感覚値を聞いたりすることができる、というくらいの心構えで利用するのが良いと思います。

 

大学院留学コンサルティング セミナー/Youtube

www.youtube.com

私は大学院留学コンサルティングのセミナーにはタイミングが合わずいけなかったのですが、Youtubeにアップロードしてくれているのでとても参考になりました。

ご紹介した前の2つはリサーチ後に主に利用した方がより有意義だと思いますが、この大学院コンサルティングのセミナーはリサーチ前に利用しても得られるものは大きいです。

私もリサーチ途中に見たのですが、リサーチ開始前に本を読んで、リサーチ途中にこちらのYoutubeを見たことで、より知識が整理されましたし、最新の状況(傾向)をキャッチアップできるので、無料で公開してくれるなんて……! と感激しました。

最初にしたこと:リサーチ⑤

というわけでリサーチした方が良い項目の続きです。

出願関係

すごく大事。当たり前の項目ばかりですけど、一応書いておきます。

  • IELTSのスコア:OA以外にセクション別要求あればそれもメモしました
  • TOEFLのスコア:私は基本はIELTSで考えていたのでこちらはセクション別はメモしませんでしたが、セクション別要求しているところ結構あるので、どちらも考えている方はちゃんと確認してメモした方が良いです
  • 職歴:MBA考えている人はマストです。注意したいのは、マネジメント経験X年みたいな要件を出しているところで、書き方が曖昧&自分が該当するか不安な場合は出願する前に問い合わせした方が良いので、フラグつけておいた方がいいです
  • エッセイ:オーストラリアはちょいちょい要求しているところ見ました
  • 推薦状:1通なの? 2通なの? 大学から貰わないといけないの? それとも職場だけ? というところも確認しておいた方がベターだと思います。私は大学卒業してそれなりに経っているので、大学から推薦状貰わないといけないところは黄色信号でした
  • GMAT/GRE:私はGMAT・GREを要求するコースは受けない! と心に決めていたので、不要かどうかをメモして終わりましたが、もちろん必要で受ける気がある人は点数とかもメモりましょう。
  • GPA:国によって表記が違うので、元の値もリストに残しつつ、変換してほかの大学院と比較したり自分の大学の成績証明書の表記と比較したりしやすいような表記に統一すると良いと思います

あと、イギリスの場合はBeoで大学院別の入学難易度を書いてくれているので、それも良い目安になります。

www.beo.jp

とはいえ、自分のスペックと揃えた出願資料で、どこまで狙えるの? みたいなところは判断しにくいので専門家に頼らざるを得ないかなーと考えています。

 

その他

大学やコース以外とは関係ないですが、生活費はだいじです。

www.gradschool.jp

寮と大学の費用だけはここまでのリサーチでカバーできても、生活するのにいったいどのくらいかかるのかという考慮がないとトータル費用が出せないので、検討する上では必須だと思います。

 

それから、国を絞るときの項目に書き忘れたのですが、今後もその国で暮らしたり仕事をしたりということを見越して留学を考えている方は、ビザ要件も確認するといいと思います。

例えばオーストラリアで働きたいと思ったときのビザはポイント制で、オーストラリアで最低2年かけてマスターを獲ると、3ポイント得られたりします。

>A Masters degree by research or a Doctorate degree from an Australian educational institution that included at least two academic years in a relevant field.

https://www.border.gov.au/visas/supporting/Pages/skilled/the-points-table.aspx

 

私は休職を考えているので、見ていないのですが、大学院卒業後の就労ビザ要件は国によって全然違うと思うので、考慮ポイントに成り得るなと。

同じく奨学金もですね。奨学金は大学院単位で設定されているものもあれば日本で募集しているものもありますが、日本で募集しているものは国が限定されていたり、IELTSのスコア要件があったりするので、大学院・コース選びの時点から見ておくと早めに行動できるのでアドバンテージになると思います。

 

リサーチの話はこれでだいたい書き切ったので、次は具体的な準備の話をしていこうと思います。

最初にしたこと:リサーチ④

というわけで、リサーチする際にメモした方が良い項目一覧を説明します。

ソースとなるコースのURL

これ本当に大事です。なぜかというと、どんなにリサーチがうまくできたとしても、コースページに一回しかアクセスしないなんてことはありえないからです。

私自身はそもそもリサーチ漏れが結構あって何度もアクセスしたのですが、その時にいちいちGoogleで大学院とコース名で検索することを思うと、エクセルにURL貼ってあるだけでとっても時短になります。

もちろんいよいよ本格的に出願準備を始めようと思ったら、年度によって案内が違うようなので、もしかしてもしかするとURL自体変えてくるような学校もないとはいえないので、コースページじゃなくて大学院のトップのURLに切り替えた方が良いかもしれません。

コースの基本情報

これは自分が出願する大学院を決めるために、どんな情報が必要かということに尽きるので、人によって大きな差がでるところだと思います。

多くの大学院留学情報サイトで、カリキュラムを見ることを強く推奨していて、私も眺めていると専攻の名前は同じなのに蓋空けてみたら結構違うみたいなことを目の当たりにしているので、カリキュラムは見た方がいいです。

とはいえ、最初からカリキュラムを見て絞るよりは、もっと簡単なもので絞った方が良いと思ったので、初期のリサーチではカリキュラムに関する項目はリストに入れませんでした。(というか、カリキュラムはある程度コース数が絞れてからHPで見比べて、まとめ方をちゃんと考えてから整理したが良いものだと思うので、そういう頭使わないといけないものは後回しというだけです。ぽんこつなのですぐ頭がパンクするからです)

自分がリサーチした項目はこんなものです。

  • 期間:MBAなら2年、それ以外なら1年半と決めていたので、私には大事でした
  • コース認定:MBAならトリプルクラウンを持っているビジネススクールが良いと思います。MBA以外でも何かしら認定なり指標がある場合が多いと思うので、参考になるかと思います
  • 拘りたい科目の有無:カリキュラム後とか言ったそばからアレなのですが、私はすごく受けたい科目があったので、それがあるかどうかだけは確認しました
  • 費用:おかねだいじ
  • 場所:必要な理由は次の項目で説明します

大学の基本情報

先に大学じゃないの? という突っ込みがきそうですが、実際のHPを使ったリサーチでは順番的にはまずコースページ見てから大学情報を見ていたのでこの順番で書きました。

  • ランキング:これは前回のリサーチ③で既にとってきているはずなので、VLOOKとかで充てればすぐに出ます。これで切り捨てる人はサクッと切り捨てましょう
  • 寮の有無:これを調べるために場所が必要です。多くの大学院はひとつの国の中に複数キャンパスがあって、オーストラリアとかは結構場所が離れていたりするので、寮があるかを調べるためにはコースが開講される場所を知らないといけないのです
  • 寮の料金:おかねだいじ

寮については、寮以外に住むことを考えている方はもちろん関係ないですが、交換留学生だった時のオンキャンパス寮生活を思うと便利すぎて最高だったので私は全力で寮をおすすめしたいです。

それから、私はパーソナルスペース超広めなので、ベッドルームはもちろん1人がいいし、できればトイレとお風呂も共有したくないので、そのあたりも確認しました。キャンパス外だと、歩いて20分みたいな場所にあったりもするので、本当に通えるかは確認した方がいいです(私はバスとかないのに歩いて20分は死んじゃう)。

ちなみに学部生だとごはんついてる寮があったりしますが、postgraduateは基本そういうのないのでご注意を。まだ調べてない(これから調べるかもちょっと未定)ですが、アメリカとか調べる場合は、食料調達できる場所までの交通機関確保できるかは死活問題な気がしています。車ないと駄目とかになると、費用もっとかかるのかなーと思うので。

 

長くなってきたので続きます。

最初にしたこと:リサーチ③

というわけでリサーチの続きです。

前回は国選びのお話を書いたので、今回は大学院選びの話から。

 

どんな大学院に行く? 問題

私はこれから海外で働くことも視野に入れていきたかったので、誰も知らないような大学院に行っても仕方ないという気持ちがありました。なので、わかりやすくランキングに頼りました。

www.timeshighereducation.com

ちなみにこのランキングは国や領域でもざっくり絞れるので重宝しました。

私はとりあえずExcelに候補の国ごとにTOP100まで貼り付けて、リサーチをする母数としました。

 

番外編:コースの期間で大学院を絞りたいんだけど

すごく稀なケースだと思いますが、私はExcelの大学院リストを眺めたときに、

MBAなら2年、MBA以外なら1年で卒業したいんだけど、そういうコースを開設してる大学院ってどこなの? いっこいっこ大学院を調べるしかないの?」

と絶望しました。

ちなみに大体、アメリカとカナダは2年、オーストリアは1年半、イギリスは1年という目安があり、私の第一候補の国グループはオーストラリアだったので、MBA以外のコースは1年で終わるものが知りたいと思っていました。どこかにオーストラリアのコースと終了までの期間一覧ってないの? と思っていたら、ありました!!

http://cricos.education.gov.au/Course/CourseSearch.aspx

超便利で感激しました。もちろんこの一覧で1年だったとしても、ちゃんとHP見て確認しないといけないんですけど、HPに2年とか書いてあるものはそのコースのリサーチをする必要がなくなるので、本当に助かりました。

 

次回はリサーチをするときにどんな項目をメモっておくべきかを書こうと思います。私は最初にリストを作った時に項目漏れがあったせいで、何度か同じコースのHPをうろうろすることになりました……。

最初にしたこと:リサーチ②

というわけで、どこの大学院のどのコースを行きたいか考えるべく、リサーチを開始しました。

あ、前提なのですが、英語で書かれたHPとひたすらにらめっこすることになるので、どこか適当な大学院の適当なコースのページを眺めてみて、無理だと思ったらとりあえず英語力をなんとかすることから始めた方が良いと思います。

前回のページで紹介した本にも確かそんなようなことが書いてありましたが、私みたいに国さえ定まっていないと、本当に膨大な量のページにアクセスして読むことになるので、本当に苦痛だと思います。

リサーチを始める前に

リサーチを始める前に知っておいた方がいいと思うことを書いてみます。

まず、最終的に出願する学校の数は最大でも6校くらい、だいたい3~5校をお薦めしているみたいです。どこ情報かは忘れましたが、追い追いそういう情報を提供してくれるところについても書くので、気になる人はそのあたりを見てください。

もちろんこの大学院じゃないとダメという拘りがある方はその限りではないでしょうが、それ以外の方は、リサーチをする目的は、出願する先の3~5校を決めるということです。

なので、どのくらいリサーチをすれば良いのかは、自分の納得のいく3~5校を見つけるまでということになります。

 

私は、自分が後悔しない大学院留学がしたくて、結構徹底的にリサーチをした方だと思いますし、その方法をこれから書いていきますが、全員が全員そうしないといけないわけでもなく、最初同じ方法を選んだとしても調べているうちに目的が達成できればその時点でやめてもいいわけです。

 

なぜこの前置きを書いているかというと、私が行ったリサーチはなかなかに大変な作業だったからです。

リサーチは、コースによって入学要件も提出する書類もFeeとかも違うので、コース単位でリサーチすることになります。

そうすると、候補となる大学院の数と候補となる専攻の数の掛け合わせで決まるわけですが、候補となる大学院にめぼしがついていない場合には、まず候補となる国×国に存在する平均的な候補となり得る大学院の数分の大学院を浚っていくことになるわけです。

なので、例えば行きたい国が決まっていて、大学院もランキングX位以上みたいなそれなりに数を絞れる条件が明確なら、TESOLもいいけどMBAもいいしエンジニアリングもいいな、みたいに専攻の候補がいくつあっても大したリサーチ量にはならないので、そんなの書類をそろえはじめる手前までに決めたらいいと思います。

だけど、行きたい国も決まってなくて、大学院の条件も特に決めてないし、専攻も決めてないとなると、リサーチのとっかかりもないし、何かしら絞らないと本当に果てしない旅になります。あとそんなに決まってないことが多いとモチベーション保つのも大変だと思います。なので、自分のリサーチに裂けるキャパシティを考えた上で、少しずつでも絞り込む方法を考えていくことを激しくおすすめしたいです。

参考までに自分は国決めてない×大学院条件も特に決めてない×専攻ブレブレ(2つで悩んでいた)という状態からはじめて、約150近くのコースを調べてとても疲れたのと絞り込むのも途方もない作業だったので、だいたい30~50くらいになるようにするとそこまで疲れなくて良いんじゃないかなーと思いました。

 国どうする? 問題

ちなみに今もまだ決まっていません。決まっていませんが、おいおい考えればいいと思うので、まずは調べましょう。リサーチの時点では判断しない。切り捨てるのも選び取るのも情報さえあればいつでもできます(私みたいにこの年までに! というのがなければ)。

とはいえ何も決めてないのは大変すぎるので、私はこんな国に行きたいという条件を書き出してみました。()内は優先度。

  • (高)水止まるとか何かあった時に医療が受けられないとか思うとそれなりな先進国がいい
  • (高)外務省の渡航安全HPを基準にして治安が悪いところは避けたいな……内戦に巻き込まれて死ぬのはちょっと嫌かも
  • (低)できれば英語が第一言語の国の方が、日常生活に困らない気がする
  • (低)寒いところとか日照時間が極端に少ないところとか行くと凍死するか鬱になって死ぬ気がする

こんな感じで、第一候補グループはオーストラリア、ニュージーランドシンガポールに決まりました。第二候補グループがアメリカ、カナダ、イギリス。そして第三候補グループがヨーロッパの北過ぎない国(超ざっくり)。

どこまで調べるかは自分の気力との闘いです。もう嫌だとか、もうこの情報の中だけで行きたい大学院・コースを決められる! ということであれば、第一候補グループだけでさっさと終わらせるのもいいし、決められなかったら第二、第三まで掘り下げていくことになります。

 

とりあえず今日はここまで。